banner

ホーム

douga4 banner button_top_r2_c2 button_top_r4_c2 button_top_r6_c2

弊社の理念は「イノベーション」と「人材開発」を通じて中小企業の改革・改善を推進し、企業・従業員共に幸せな社会をつくること

どの企業にもイノベーションのチャンスはあり、その成否要因は「経営・戦略」と「人」の変革にあると言えます。「P&P  i-model」は、組織能力向上、イノベーション実現を目指すための人材発掘・人材開発を支援します。

■P&P i-modelの目的

多面的な視点から「仕事」と「人」の改革を進め、イノベーションを目指していくことを目的としたものです。

P&P i-model全体像

■P&P i-modelの概要

◇人材育成において次のような問題が起こっていませんか

・研修・教育費用に余裕がなく、充分な教育が実施できない。
・OffJTとOJTが結びつかず、研修知識活用の場がない。
・集合研修は半ば義務感で参加している。
・研修の多くは、技術研修、マネジメント研修、階層別研修で、階層を基準にしたものであり、向き不向きはあまり考慮されていない。
・従来の研修は、弱みを強化し全体的な底上げを狙ったものが多い。

この結果、人材育成の効果が出ない、環境の変化に人材が追い付かない、などの問題が発生していませんか。

◇人材育成のための効果的・効率的なアプローチの選択をお勧めします

企業規模、事業・業務の特性、人の配置などにより、人材育成のアプローチを選択し、取組むことにより、人材育成の効果・効率化への貢献度向上が可能となります。

アプローチ①
社会人基礎力は、若手社員にのみ必要な能力ではなく、あらゆる階層で必要な基礎能力です。そのために、若手の内に基礎力を身に着け全体的な底上げを狙うことが必要です。

次に経営のビジョン、戦略、目的、目標を理解することによりビジネスの全体感を身に着け自己学習、自己成長能力を養い、実務における実践力向上を目指します。

アプローチ②
一般的なアプローチ。組織階層、所属組織に応じ、段階的な能力向上を目指します。このアプローチは、非常に長期に渡る期間が必要になります。

アプローチの選択

 ◇適性・資質から見た人材発掘・人材育成のためのプランニングを行います

次のような視点で人材育成をプランニングします。

・適性・資質・適職を見極め、強みを生かす配置プランニング
・社会人基礎力の強み・弱みを見極め、全体的な底上げに効果的な人材育成プランニング
・適性・資質・適職に応じた、強みを生かす配置変更、人材育成をプランニング
・総合力としての人間力を診断し、強みを伸ばす人材育成プランニング

人材育成プランニング

 

button

 

Copyright(c) PANDP-LAB.COM All Rights Reserved.